« 新ランチメイン | トップページ | ツノプチトマト »

玉ねぎの丸ごとピクルス

Cimg9945

マイブームの保存食継続中です。

 

今回は「玉ねぎのピクルス」

工程がやや複雑でちょっと面倒でした。

 

<材料>

 ピクルス液

  アップルビネガー 1リットル

  マスタード(ホール) 5g

  ブラックペッパー(ホール) 7g

  ナツメグ 3g

  唐辛子 1本

  ローリエ 1枚

  あら塩 10g

  砂糖 大さじ2

 

  玉ねぎ 800g

  唐辛子 1本

  ローリエ 2枚

  マスタード(ホール) 小さじ2

 

<ピクルス液作り方>

 1、塩とビネガー以外をお茶パックに入れて

   ホウロウなどの鍋で沸騰させる

   10分沸騰させて、冷ましてからお茶パックごと取り出す。

 

<作り方>

 1、小ぶりの玉ねぎに熱湯を注ぎ、冷えたら皮をむく

 2、1リットルの水に75gの塩を入れた塩水で24時間つける

   ガラスのボールでしっかりつかるように

 3、玉ねぎの塩気を洗い落とし、消毒したビンに詰める

   同じくローリエ、唐辛子1本、マスタードも入れる

 4、再び10分間沸騰させたピクルス液を注ぎふたを閉める

 

一応保存期間は2年らしいです。

ちょっとピクルス液がにごったのが失敗かもです。

味はまだ試してないのでどうでしょうか?

植えるのが遅くて、小さかった玉ねぎが活用できました。

紫玉ねぎもたくさんあるので、いろんなバージョンを試す予定です。

 

ビネガーもワインビネガー、アップルビネガー、米酢、穀物酢

などなどいろんなのがあるので、試して見ます。

スパイスの分量も変えるのもいいかなー

 

        農家

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

« 新ランチメイン | トップページ | ツノプチトマト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

レシピ」カテゴリの記事

常温保存食」カテゴリの記事

コメント

インフルエンザの影響や防災の日が近いこともあって、生協のカタログにも保存食を備えようって特集があったよ
パウチ食品だけど。
何か震災があったときはとふらで生き延びられそうな感じですね

maikiさま
震災があったら、ビンが割れてるかも?
瓶詰め以外も考えないとダメですね。

生協はそんなアプローチもしてるんですか
なかなか面白いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉ねぎの丸ごとピクルス:

« 新ランチメイン | トップページ | ツノプチトマト »