カテゴリー「レシピ」の26件の記事

フレッシュハーブティー(アイス)

フレッシュハーブティー

アップルミント

レモンバーベナ

ローズゼラニウム

レモンバーム

フレッシュハーブがたくさんある今だけ楽しめます

 

これはパティシエと二人で飲むために

暇を持て余して作りました。

 

 

 

 

 

*作り方*

フレッシュなハーブを摘み取る

 

なんとなーく、ハーブをちぎりながら

ひとつかみサーバーに入れ、熱湯を少なめに入れる

 

3分蒸らして氷を入れたグラスへそそぐ

 

完成

 

 

 

 

 

 

簡単なのに、飲みやすい

水の代わりに

暑い夏の水分補給に最適です。

 

どのハーブも育てやすいので

オススメです。

                 農家

人気ブログランキングへ

*******************

7月21日(木)にリニューアルオープン!!

森の中の小さな洋菓子店として

焼き菓子、ハーブティー、ジャム、野菜

手作り雑貨などを販売いたします。

営業日

   月・火・土・日

  10:00am -  5:00pm

 

お問い合わせ

  TEL・FAX 049-237-6552

 〒350-0456

  埼玉県入間郡毛呂山町滝ノ入258-2

  ミルティーユ毛呂山

 山間のブルーベリー園に併設した建物です。

*********************

 

つくしの卵とじ

ツクシの卵とじ

写真的には魅力が伝わりませんが

春を味わうということで

つくしを、まかないで食べました。

 

<材料>

 つくし  両手いっぱい

 卵  3個

 しいたけ  5個

 

<作り方>

1、つくしを野山でとってくる

    (今だけしかできませんね)

  出来たら、頭が開いてない出たてのもの

2、つくしのはかまを取る(これが一番面倒)

3、さっとお湯で茹でる

4、水を切ってざっと粗く切る(食べやすくするため)

5、同じく、ざっくり切ったしいたけをフライパンで

  炒め、火が通ったところでつくしを入れる。

6、塩、しょう油、コンソメ、トリガラスープの素

  トマトソースと、あるもので好きなもので

  下味をつける。

  (今回はあまっていたトマトソースを使いました)

7、卵でとじる

8、出来上がり

 

しいたけは、苦味を抑えるためにいれましたが、

思ったより苦味がなく、なくてもよかったです。

卵でとじると、苦いものは何でも美味しくなりますね。

ゴーヤしかり、ピーマンしかり

 

はかまを取るという作業と

採ってすぐに処理しないと、頭が開いちゃって

もそもそする点がなければ

これでもか!というくらい採ってくるんですが・・・

大人になって、つくしを美味しいと感じるように

なりました。

 

佃煮が一般的かも知れませんが

卵とじオススメです。

        農家

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

ダイダイピール

ダイダイピール

シェフの実家から無農薬のダイダイをいただいて

果汁は大根と人参のなますに使い

皮をもらって、ピールを作ってみました。

 

<材料>

ダイダイ

グラニュー糖

 

<作り方>

1、ダイダイの皮の白い部分を包丁でそぎおとす

2、水から鍋で煮立たせる。沸騰二分(二回くらい)

3、水に一晩つける

4、砂糖と水をダイダイと同量鍋に入れ煮る

5、ダイダイが透明になるまで煮て、グラニュー糖をまぶす

 

カンタンです。

苦味をとるために、何度も煮たり、水につけたりしますが

好みで回数は加減してください。

砂糖で煮る前に、食べると苦い!と思っても

砂糖が入ると苦味が減る気がします。

二回目だったので適当にやったら

カリカリになってしまいました。

砂糖が多すぎると皮から水分が出てしまうようです。

 

水分が多いと、最後にまぶした砂糖が溶けてしまいます。

ちょっとバットに広げて乾燥させてから

最後の仕上げをしてもいいかもしれませんね。

 

柑橘系は皮まで美味しいです。

  

   農家

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

ちんぴ

ちんぴ

今年も福みかんで、作ってます。

農家の住む埼玉県越生町付近の山間は

ミカンやユズの生産が盛んです。

 

なので今の時期、山道を走ると無人販売がちらほら。

福みかんやユズが1袋100円で売られてたり

直売所にも並びます。

 

せっかくのミカン。中身はコタツに入って食べて

皮は天日干しにします。

乾いたら、そのままネットに入れてお風呂に入れてたり

ミルサーにかけて粉にします。

 

「ちんぴ」は

七味唐辛子に入っているのが普通のようですが

「はとふら」ではお菓子やパンに使います。

 

ミカンの香りがして

水分もないので扱いやすいです。

焼き菓子に入れたり、ドライフルーツの入ったパンに入れたり

チョコとの相性もいいのです。

去年もやって、シェフとパティシエが使ってくれたのを

思い出し、今年も作ってます。

 

ウコンも粉にしないといけないから

ミルサー大活躍中です。

         農家

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

辛い?自家製ハバネロオイル

辛い

ハバネロオイル作成中

知り合いの方にハバネロを大量にいただいて

そのまま食べるにも量が多すぎるし

唐辛子のように乾燥させるのも

果肉が厚く、黒ずんでしまうので

シェフが仕入れてきたレシピで

タバスコ代わりに使えるオイルと作りました。

 

<材料>

ハバネロ  種を採って千切り、又はみじん切り

オリーブオイル

 

<作り方>

軽く熱したオイルにハバネロを入れる

ハバネロが焦げない位の低い温度でいいそうです。

冷めたらビンへ入れる。

 

カンタンですが、注意しないと

カプサイシンにより手が痛くなります。

オイルの量や、ハバネロの量は適当で・・・

ハバネロを多くしたら、辛いオイルが出来るはず

「はとふら」では、オイル多めなマイルドタイプにしました。

 

ゴム手袋は必須です。

ただし、刻んでいる間空気が辛くむせました。

呼吸は最小限にするといいです。

オイル漬けなので長期保存が可能です。

今のところ、時間が経つと辛さが弱くなるような気が・・・

常温で半年は持ちそうな気がしますが、試してみます。

 

パスタやピザの時に添えて出してます。

思ったほど辛くないので、タバスコより食べやすいかも?

 

ハバネロはどうやら、野菜の隣りに植えておくと

虫が寄ってこない害虫よけになるそうで

来年農家も挑戦しようと思ってます。

さらにハバネロ採れそうな予感。

来年もオイル製作にせいが出そうです。

         農家

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

青プチトマトのチャツネ

200911031955000

「はとふら」では

スパイスをたっぷり入れたカレーも作っています。

それに欠かせないのがチャツネ。

チャツネにもいろいろ種類があって

通常売っているのは、マンゴーチャツネ。

でも自分で作れるものは作ってみました。

 

昨年も挑戦した「青トマトのチャツネ」

農家はプチしか作っていないので、プチトマトを使いました。

 

<材料>

青トマト  900g

玉ねぎ(粗みじん)  1玉

グラニュー糖 250g

アップルビネガー 200ml

塩  小さじ1

シナモンスティック  1本

クローブ  9粒

 

<作り方>

1、材料を入れてトマトが煮崩れるまで煮る。

 終わり

 

単純です。

シナモンスティックやクローブは

最後に取り出した方がいいので

スパイスパックに入れると便利です。

スパイスパック≒お茶パック

 

元のレシピは大玉の青トマトを使うので

皮をむいていましたが

むかなくても、煮込めば溶けます。

 

カレーに、ちょっと入れるだけで深みが増します。

 

チャツネはジャムに近い感じですね。

酢が入っているので、酸っぱいですが

スパイスもいろいろ入れると楽しそう。

 

煮沸消毒したビンに、アツアツのものを入れれば

半年は持ちます。

保存パックに入れて冷凍も可能です。

 

カレールーを初めから作らない方でも

市販のルーにコーヒーやヨーグルト、しょう油などの

隠し味を入れるように、チャツネも入れると

美味しくなります。

 

工程が少なくてカンタンなので

根気のない農家のような方に向いてます。

カンタンっていいもんですね!

         農家

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

リンゴのシロップ漬け

200911021552000

ちょっと前に紅玉をたくさん仕入れまして

無農薬だし、すぐふかふかになるから

試しにシロップにつけてみました。

 

<材料>(大き目のビン一本分)

リンゴ 2個

グラニュー糖  500g

水  450g

 

<作り方>

1、リンゴを皮ごと、さいの目切り(又はくし切り)

  色が変わらないように、レモン汁を入れた水につけておく

2、水とグラニュー糖を鍋に入れ沸騰させる

3、切っておいたリンゴを入れて煮る

4、リンゴが透明になったところで、熱いうちに

  煮沸したビンに入れ、ふたをする

 できあがり!

 

カンタンです。

通常はビンに果物を生のまま入れて

熱い砂糖水をかけるのが定番となってますが

今回はリンゴにちゃんと火が通るように一緒に煮ました。

 

ソーダで割ってディナーのウェルカムドリンクにする予定です。

くし切りと、さいの目切りのパターンがあるのは

さいの目にするのが面倒になって

適当に切ったためです。でも美味しそう?

ソーダで割るなら、さいの目の方が飲みやすいですよね

飾りで少し実の部分もいれようと思ってます。

 

リンゴの皮を入れたのできれいな紅色に。

熱いうちにビンのふたを閉めれば、

開けるまでは常温で保存可能だと思います。

かなりの糖度なので

半年から一年くらいは大丈夫だと思います。

試してみます。

 

味は熟成中で飲んでないから分かりません(>_<)

でも美味しいはず!

         農家

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

イチジクのコンポート

200909172118000

今年の夏は雨が多かったり、気温が上がらなかったりで

作物が不作、不作と言われてますが

いちぢくは良い実をたくさんつけてました。

 

ざっくり皮をむいて半分にして、砂糖をいれ

今回はレモン汁はやめてクエン酸をたっぷり入れて

作ってみました。

 

水気がものすごい出て

本当は煮詰めた方が良かったかもしれないのですが

形が崩れてしまうので、10分ちょっとで煮込みやめました。

 

イチジクは生で食べるときは甘くていいけど

ジャムにすると味がぼけるので

思い切って多目にクエン酸を入れると

ヨーグルトにも合うし、美味しい気がします。

 

昔は亡くなったじいちゃんが好きで

我が家にも木がありました。今は枯れてないですが

どんだけ好きだったのか、じいちゃんは

いちぢくの根元に、生ゴミを埋めては耕してたので

その周りだけが、真っ黒な土だったのを

思い出しました。

その頃は、あんまり美味しいと思わなかったのに

今は好きです。美味しさが分かる味覚になりました。

 

実が熟しても割れないものや、紫にならないもの

いろんな種類があって食べくらべも楽しいです。

            農家

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

ドラゴンジャム

200909191602000

先日、沖縄在住の従妹よりドラゴンフルーツが

送られてきました。

 

サボテンの実だからなのか

南国フルーツなのか

なんとも不思議な味わいで・・・・

 

生で食べるのは、もういいやーと

ジャムにしてみました。

 

すぐに煮崩れて作りやすいけど

味はなくなり、砂糖水のよう

パンチを入れるためにレモン汁と入れたら

レモネードに

 

ドラゴンフルーツの味はなくなります。

甘いだけになります。

 

とろみも結構あって

名前も面白くてインパクトはありますね。

でも味は地味です。

 

何かの隠し味にパティシエに使ってもらおうかと思ってます。

まあ、生で食べるよりジャムの方が食べやすいかも?

            農家

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

ドライトマトが残念な結果になりました。

200909111758001

いくつかのオイル漬けが発酵してしまいました。

 

しっかりしめたはずのビンから

毎回オイルが漏れていて、たぶん攪拌のために

ふったのがよくなかったのかなーと暢気に考えていて

そろそろ開けてみるか?と開けると

シュワーっとオイルが溢れました。

 

そのあとはブクブク泡がトマトから湧き出てくる

味は酸味が・・・・酸っぱいです。

あわてて他のも開けると同じ症状が!

失敗してしまいました。

 

なんと一ヶ月持ちませんでした。

アンチョビやオリーブが入ったものから

ハーブだけしか入ってないものまで

理由はおそらくセミドライすぎたんだと思います。

 

トマトはカビやすく、

2日で切ってから乾燥までの処理をしないと

カビてしまうようで、

オイルに漬けていても、やっぱりダメでした。

 

カリカリに乾燥させたものは大丈夫だったんで

おそらくは乾燥が足りず、菌も残っていたせいかも。。

やはりオーブンで乾燥させてとか

もうこれでもか!というくらい天日に当てるとか

日本の湿度に負けないように水気を切る必要があるみたいです。

 

ああ、せっかくの保存食が・・・・

残ったのは、カリカリに乾燥したトマトのオイル漬けと

一年持つというレシピのピクルス

最近やったバジルペースト

あとは、茄子のチャツネ、トマトのチャツネ

蒸し茄子のオイル漬けくらいで

半減してしまいました。ああ、がっかりです

 

あとは、きっと煮沸しなかったのも失敗の原因ですね。

トマトは収穫の時期が終わりを迎えてるので

再度チャレンジができない状況下で

残りわずかなトマトを使って、リベンジを考えてます

      農家

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ